フェチな風俗点

たまにだから、質にこだわる

もっと頻繁に、それこそ毎週とかそのくらいの頻度で遊んでいるならたまには…という気持ちになってもおかしくはないと思うんですけど、そうじゃないんですよね。風俗は自分にとっては貴重な時間なんです。月に一度あるかないかくらいでしかない以上、その時はやっぱり楽しみたいというか、後悔したくないって気持ちになるのもある意味では当たり前のことなんじゃないのかなって思いますので、自分でも理想を追求したいというか、絶対に外せないよなって気持ちの方が強いので、風俗で遊ぶ際にはそれなりにこだわりを見せるようにはしています。むしろこだわらなければ勿体ないというか、こだわるからこそ自分の理想だったり、あるいは他では得られない気持ちになるんじゃないのかなとも思いますので、その点では風俗の存在は自分にとってとっても貴重なものなんじゃないのかなって思っていますし、むしろそんな気持ちになれるという点も何気にありがたいことなのかなって。

やっぱり風俗も新鮮さです

ジャンルそのものが新鮮な風俗ですけど、いつも同じジャンルで遊んでいたら、次第に飽きてくるというか、「たまには違う風俗を」という気持ちが芽生えるのはある意味では当たり前のことじゃないですか。でも、それって自分の気持ち次第じゃないですか(笑)別にいつも同じ風俗を楽しんでいるのも誰かに強制されているとかではないんです。自分の意志なんです。だからこそ、マンネリになる前に自分の意志でたまには違う風俗を楽しんでみるのも悪くはないんじゃないかなって思いますけどね。ホームページとかポータルサイトを見ていると、「おっ」と思うものもあるじゃないですか。それらはしっかりとチェックするよう心掛けているんです。なぜならそれらを利用することで改めて気付かされることだってあるじゃないですか。むしろそれらをチェックすることによって、自分に合うのかどうかも見えてきますし、何気に選択肢を増やすのは大切なことなんじゃないかなって。