フェチな風俗点

予算問題は常に考慮しています

風俗で遊ぶ際、いつも考えているのが予算の問題です。これは相当大切だなって思っているんですよ(笑)だって予算がなかったら風俗を遊ぶことが出来ません。美人と遊びたいとか、テクニシャンと遊びたいとかって部分は、大前提としてお金を支払ってこそなんです。お金を支払っていないのにそれらを楽しもうって思っても無理な話じゃないですか。そうじゃなくて、自分なりにどうすれば楽しめるのか。この点は必ず考えるようにしているのは言うまでもありません。むしろここを真剣に考慮してこそ、見えてくる部分もあるんじゃないかなって思っているのですが、風俗で楽しむ時には自分でも何よりも大切なことをって思って常日頃からいろいろなことを意識していますけど予算の面は大きいので、クーポンの存在にもまた、注視するようにしています。クーポンは気軽に活用出来るだけに、常日頃からしっかりと調べておいて、その上で何が出来るのかを考えるべきなのかもしれないなって。

まだまだ。そんな気持ちになりました

過信していました。それは自分はもうそれなりに風俗を楽しんだだろうというものです。粗方楽しんだので、そろそろ引退しようかなとか格好つけていたんですけど、まだまだ引退どころではないなと。引退するほど全然理解していなかったなって思ったのはこの前の風俗で遊んだRちゃんが自分の想像以上というか、おそらくこれまでの風俗嬢の中でもトップクラスであろうレベルの女の子だったからです。あんなに楽しい時間を過ごせるのであれば、まだまだ引退するどころじゃないという気持ちと、自分が知らないだけで彼女以上のレベルの風俗嬢もいるんだろうなとか、自分なりにいろんな気持ちが芽生えたんですよね。だからもっともっと楽しみたいなって気持ちになりました。素直に、風俗ってこんな子もいるんだなって気持ちになりましたのでこれからももっともっといろんな気持ちを味わいたいなって思いましたし、風俗で遊ぶことに限界はないんだなってことにも気付きました。